ある記事では冬に見つかったリュウグウノツカ

Writer: admin Type: iPhone Date: 2019-03-07 00:00
ある記事では冬に見つかったリュウグウノツカイやダイオウイカなどの深海に住む深海魚から地震などにつながる可能性は低いと書いてあるのを見ました。今の時期に見られているリュウグウノツカイなども気温の変化によるものなのでしょうか。また、海洋学者であるさかなクンは今の冬から春にかけての時期リュウグウノツカイは浅瀬に近づいてきていることが多く、今の深海魚ブームによって今まで気にされてこなかった物を漁師が持ち帰ってくることが増えたそうです。私的にはとっても納得できる理由だなと思いました。実際のところどうなんでしょう。最近不安なことが多くて、本当のことがあるとも限らないのに調べまくってしまい不安になるの繰り返しです。また、実際最近の地震活動の活発化は顕著なものなのでしょうか。補足その見かけた記事の意図として、そのようなリュウグウノツカイなどの生物は暖かい海水温を好むので寒いこの時期対馬海流(?)にのって日本海側に入るそう。なので富山県など日本海側でよく見られるのも別におかしなことではないし、過去にこの時期に見つかった中で地震につながった事例がないとのこと。共感した1###東海大学で全国の深海魚捕獲事例をまとめた論文がありました↓http://www.scc.u-tokai.ac.jp/iord/bulletin/files_for_bulletin/KENPO...こちらは気象庁の地震データベースで1990年以降の震度6強以上の記録を検索したものです↓https://www.data.jma.go.jp/svd/eqdb/data/shindo/index.php論文を見ますと2010年はリュウグウノツカイの捕獲事例が50件以上と非常に多いのですが、気象庁のデータベースを見ると2010年は震度6強以上の地震は一度も有りません他の年の大地震のデータと捕獲事例を照らし合わせてみても関連性があるとは思えません。捕獲事例と地震データベースを見て、いかにも関連性があるように思えるところだけを取り出して不安をあおる記事を書く人がたくさんいます。しかしちゃんと調べてみると関連性がないところを隠しているだけなんです一部の情報だけ与える「印象操作」という手法です。そういう情報を信じてしまった人が不安になってネット上で書き込んだりして情報が拡散していくうちに、それを面白がって話に尾ひれをつけて更に拡散していきますこういう深海魚などの生物の行動を大地震と結びつけて不安をあおるという記事は昔からありました、南海トラフが話題になる前は東海地震というキーワードがよく出てきましたね。でもどちらも起こってませんよね?今のところ「何年にどこで大地震が起こる」というピンポイントな地震予知は不可能ですので、対策としてはいつどこで大地震が起こってもおかしくないと思って準備するしかないのです。ナイス0
###リンクが上手く貼れていないようですみません捕獲事例はGoogle検索で「日本で確認された深海魚出現報告」というキーワードで検索していただくとすぐ見つかると思います気象庁データベースは発生日時を1990/01/01~2019/02/03にして、最大震度を震度6強以上にして右の方の地震を検索というところをクリックすれば検索結果が出てきます
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###深海では餌が少なく稚魚が生育するには過酷な環境なので、浅い海で産卵する深海魚は多いです。雌雄で深海から上がってきて浅場で産卵するサメの仲間、雌雄同体の魚、産卵するには栄養が必要なので巨体化したメスに豆粒みたいなオス数匹が寄生しているアンコウの仲間等々がいます。当然イワシやアジのように群れないので、なかなか網にはかかりません。水温変化の乏しい深海から浅場に来るのは大体産卵目的だと思います。地震とは全然関係無いですので、つまらん話には惑わされないようにしてくださいね。ちなみに産卵場所の確定は難しくて、深海から浅場で産卵するシロボシテンジクサメ等の一部くらいしかわかっていないので、さかなクンの言い方も曖昧にしか言えないんですよ。ナイス0
###冬から春にかけての時期リュウグウノツカイは浅瀬に近づいてきているのなら、毎年今年ぐらい大量に網にかかっても良いということ。今の深海魚ブームによって今まで気にされてこなかった物を漁師が持ち帰ってくることが増えたのというのは、海洋学の見解では無くさかなくんの個人の想像ですね。人間の行動学といったところでしょうか。漁師で毎年見ててブームで持ち帰っているのなら、記者のインタビューで漁師は珍しいとは言わないでしょう?いつもかかるのだけど捨ててますぐらい言うのじゃないかな。網にかかるのは珍しいと答えてますからね。日本海側でよく見られるのも別におかしなことではないのなら、日常茶飯で珍しいことでは無いので記事にはなりませんよ。2014年は今年と同じく様々な深海魚が多くあがったらしいです。その時は今の季節だけでなく一年中深海魚があがりましたよ。さかなくんの説明では、それが解決していない。地震だけが原因と考えるのも不自然だし、メタンハイドレートが海底で見つかっていますしその研究かもしれないし、深海で何かあったとしかわかりません。ナイス0
###深海魚と地震は関係ありません。これは過去の捕獲や打ち上げの記録と地震活動を比べた結果分かっていることです。実績がありませんので、深海魚の捕獲を地震の前兆だと考える理由はありません。捕獲の原因が分からなくても、地震との関係を考慮する必要はないです。ネットで騒いでいる人(一部の知恵袋の回答者や質問者も含めて)はただ騒ぎたいだけなのではないでしょうか?地震の危険性を声高に叫ぶと注目を浴びるでしょうから、そういう承認欲求があるのでしょうかね。ナイス0

 

TAG